スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加齢臭・足

加齢臭においても、足は特に臭いが強い場所です。
足はとても汗をかきます。しかも、靴を履いて歩き回ったり、ブーツのような高温で通気性が悪いまま長く過ごすなど、汗は当然ながら、雑菌が繁殖しやすい状態でもあって、どうしても臭いが発生しやすいのです。
加齢臭の原因の皮脂が出る皮脂腺は足の裏にはないのですが、足の裏には「エクリン腺」という汗の穴が密集しています。そのため、足の裏は多くの汗をかきます。一日に両足で約コップ一杯の汗をかくと言われています。
足裏以外にはたくさんの皮脂腺があるので、足の指の間や爪などに溜まり、靴を脱いだとたん強烈な臭い悩まされる場合もあるでしょう。加齢臭の臭いを抑えるには靴のムレを防ぐことが一番です。
靴を履くと、高温多湿な環境で雑菌がどんどん増えて活発になり、臭いが強まるようで、臭いだけでなく水虫の原因・白癬菌なども繁殖してしまいます。
靴は通気性の良い物を選び、革製の物が良く、足幅のきつくない物が汗をかくのが少なく、足の臭い対策に最適です。
加齢臭ならば出来るだけこまめに足を洗うのもおすすめで、臭いが溜まらないように靴下の換えを用意しておくのも良いでしょう。

雑菌が繁殖しないように抗菌剤を練りこんだ中敷を利用するのもアイデアのひとつとなります。
加齢臭対策として、かかとなどは角質や垢が落としにくい場所を週に1~2回はバスタイムを利用し、フットケアグッズを使いながら徹底的にケアを行ってみるのも効果的です。
スポンサーサイト

加齢臭・ワキ

加齢臭があっても無くても、人にとってはワキの匂いには気になります。
ワキの臭いと言えば、ワキガですが、匂いの元は主に汗腺のアポクリン腺から出る分泌液で、空気中の細菌と結びつくことで嫌な臭いへと変わります。日本人の1~2割りがワキガであるともいわれています。食事の西洋化によってワキガの方が増えているとされています。ワキガの方は汗の匂いが強い体質であり、ワキに雑菌が繁殖しないよう殺菌作用のある石鹸やスプレー、消臭剤の使用、アポクリン腺除去手術などで対策をしています。
加齢臭とワキガは違うものの、体を清潔にしなければ臭ってしまう点では同じです。汗をかく時期にはでかける前と帰宅後に体をよく洗うことも大切です。

加齢臭を抑えるには、ワキの毛を処理してしまうのが効果的のようで、ワキガにも効く方法ですから試してみてはいかがでしょうか。女性はともかく、腋毛は男性らしいシンボルと捉えられているので、脱毛にためらいを感じる方もいるでしょう。

しかし、最近ではワキのエチケットとして脱毛する方もいますし、脱毛で臭いケアも手軽に行えるようになって効率的です。清潔を保つには、ケアをすぐに、簡単に出来る事も重要です。
食生活も、体臭を強くする肉食を控えめにして、野菜や魚などの高栄養・低カロリーするなどの対策をあわせてすれば、加齢臭もワキガも改善されていくでしょう。

加齢臭・顔

加齢臭はおでこや鼻周りなどの皮脂腺が多い顔からも当然臭いが漂います。
脂ぎったTゾーンや小鼻をよく見ると、毛穴が詰まっていることがあります。
加齢臭は顔の手入れが不十分な場合でも起こるようで、皮脂の詰まりが原因になっています。
顔は汗もかきやすく、常に外気に晒されて肌にホコリや細菌などが付着しやすく、毛穴もたくさんあって臭いも出やすいようです。
女性なら洗顔にも気を遣い、しっかりしたケアをしているでしょうが、加齢臭が出やすい男性は、顔を水で洗うだけで簡単に済ましている方が少なくありません。
水だけの洗顔は衛生面で不安が残ります。せめてぬるい湯で洗顔し、毛穴に残った頑固な汚れが落とすようにすればいいのですが・・・・。
しかし、いい加減なケアは、肌の毛穴を開かせてしまうだけで、加齢臭対策にはなっていないかもしれません。顔の丁寧なケアが必要になってきます。
それから、加齢臭は耳周辺や耳の後ろ側からもするようですから、定期的に外耳の垢掃除を行い、耳掃除もしておきます。

また、加齢臭が強くなると口臭もきつくなるとされて、丁寧な歯磨きやマウスウォッシュも忘れずにします。
食べかすや虫歯・歯周病によって更に嫌な臭いを放つようになってしまうので、口内をキレイにするように心がけがいります。顔は人の目が行きやすいところなだけに、加齢臭対策をきちんとしておかないと、印象を悪くしてしまいます。

加齢臭・頭

加齢臭が頭からする方は多いようです。
頭はただでさえ新陳代謝が活発ですから汗をかきやすく、頭皮を保護する皮脂やフケなど、臭いの元になる物がいくつもあり、加齢臭も感じやすいのでしょう。
頭の臭いは、髪の臭いの頭髪臭と頭皮からの臭いである頭皮臭の2種類があります。
頭の髪の毛はニオイを吸収しやすい性質(多孔質)を持っているため、焼肉のように強い匂いがする食事やタバコなどの臭いを吸収していまい、色々な匂いが交じり合い悪臭を放ってしまいます。
また、髪の長さに関係なく、髪が傷んでいると臭いを吸収する力が高まってしまいます。悪臭を放つ機会を増やします。
ヘアスプレーやヘアワックスなどの整髪料を使って髪型を整えるのはごく当たり前ですが、中には使いすぎたり、長時間付け続けることで匂いが変化してしまうこともあります。
さらに、加齢臭がする年代はポマードを使う方も多く、ポマード独特の匂いのきつさから頭髪の悪臭の匂いに繋がります。

頭皮臭はフケや皮脂からの臭いです。フケは頭皮の新陳代謝で落ちた角質細胞に、皮脂の分解酸化物が合わさったもので出来ています。洗髪せずにいたりすると頭皮臭は湿っぽいフケ(湿性フケ)そのものや、湿性フケが空気中の細菌と混ざり合って臭いを発します。

頭の匂いを取り除くには、こまめなシャンプーを欠かさないことです。加齢臭は襟足からが最も出るとされ、シャンプーの際には襟足も丁寧に洗うと効果的です。
シャンプーも色々な種類があって、機能や使われている成分、洗い心地、香りなどから好みに合う物を選んでください。ただ、洗髪も含めて、間違えた頭髪のケアをしてしまうと、頭皮臭の元となるフケが悪化してしまうこともあります。その上、頭皮を傷めることにもなりかねません。シャンプーはもちろん、洗い方などをもう一度見直すことも大事です。

体臭の毎日のケア

体臭は性別や年齢によっても独特な臭いがあり、年を重ねていくことで臭いがキツクなっていくのはある程度仕方のないことです。
赤ちゃんはミルクのような臭いがし、高校生ぐらいの男と子は汗臭いと言われ、中年になるとオヤジ臭い、もっと上の年齢になると年寄り臭いというようにその年代によって臭いの言い方も、臭い自体も変わってきます。
良い臭いは別として、臭いと言われて喜ぶ人は居なく、誰もが傷つき人と接するのが怖くなってしまう人までいます。体臭に対しての敏感さは人それぞれでもあります。気にしだしたら止まらない悩みですもあります。

自分の体臭は慣れてしまっているため、なかなか自分で気づきにくく、誰かに言われて初めて分かったという人も多くいるのが実情です。しかし身近に体臭を発する人がいたとしても「ちょっと臭いよ」とはなかなか言えないのが現状ですので、相手に気づかせるのも大変です。
もしかしたら自分も変な臭いがしていないか、臭くないかという前提で体臭の予防や対策をしている人が多く、様々なグッズも売られています。

若い頃は男性も女性もお洒落や体臭を気にして毎日のケアを怠りませんが、年齢を重ねるにつれて雑になってきてしまうようです。年を取れば取るほどケアが必要になるにもかかわらず、あまり体臭予防をせずに、子供に「臭いからヤダ」と言われるようになってしまうのです。

最近は加齢臭が取りざたされている為、中高年向けのグッズも沢山出ていますので、それらを使って積極的なケアを行うべきです。

«  | ホーム |  »

最新記事

カテゴリ

口臭 (5)
体臭 (3)
加齢臭 (14)
足の臭い (1)
未分類 (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。