スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加齢による口臭

最近では中高年の男性などに対して加齢臭という言葉がよく使われていますが、実は口臭にも加齢性口臭というものがあります。

加齢性の口臭は口の中の環境が変化していくことによって起こるのと,身体の中からの口臭があります。口の中の臭いは年齢が高くなってくると唾液の分泌量が減少し、唾液による口腔内の洗浄効果が衰えてしまって、口腔内に留まった細菌が増殖することによって口臭が発生し、加齢性の口臭の原因であると言われています。
身体の中からは、腸内細菌の中の善玉菌を多めにして腸内の腐敗による悪臭ガスの発生で口臭の原因になっている場合もあります。しかし、唾液の分泌量は20代から30代にかけて著しく減少するので、若いうちから口腔内の清潔、口臭対策には気をつけなければいけないようです。

更に唾液の減少で、口腔内の洗浄効果が衰えて、虫歯や歯周病にもかかりやすくなります。
虫歯や歯周病も口臭を発生させる原因となるものなので、加齢に伴って口腔内の環境が悪化するということが、加齢性口臭の大きな要因と言えそうです。
口臭の対策には歯を磨くことも大切ですが、腸内を磨くことも大切です。口臭予防の秘訣は「おなか健康」にもあります。

また、加齢による免疫力の低下も細菌を増殖させたり、唾液の分泌を抑制したりして口臭の原因となります。
歳を取ったから口臭は仕方がないなどとあきらめることなく、歯医者で定期的なメンテナンスを受けたり、口腔内の清掃に気をつけたりすることで口臭を軽減させることができます。

スポンサーサイト

ドライマウスによる口臭

ドライマウスは唾液分泌量が極端に減少し、口腔内が乾燥する病気で、口臭の原因となります。
唾液は食事をしたり、会話をするのに必要不可欠で、口腔内の細菌が繁殖するのを防ぐという重要な役割をもっています。ですから、ドライマウスになると、食べにくい、飲み込みにくいなど食事の際に苦痛を伴うほか、唾液による口腔内の洗浄作用が落ちることにより虫歯や歯周病になり易くなります。そして、唾液が減り口の中が乾燥することにより、雑菌が繁殖しやすくなって、強い口臭がするようになります。

口臭を起こすドライマウスの原因には、糖尿病、腎疾患、口呼吸やストレス、薬の副作用、顎の筋力の低下などが考えられます。

ドライマウスになると、しゃべりにくい、舌がひび割れる、味覚異常などの症状が現れてきますので、早めに治療を行なう必要があります。一般的に行なわれるドライマウスの治療は、積極的な水分の補給、人口唾液や唾液分泌促進剤の投与などが行なわれます。
その他、生活習慣の見直しや体質改善などの治療も平行して行なわれます。

口臭や虫歯、歯周病を起こしやすくなるドライマウスになってしまったら、日々の生活の中でこまめに水分を補給して口の中を乾燥させないように気をつけ、ストレスのない規則正しい生活に改善しなければなりません。
a_btn099.gif

口腔内のトラブルが原因の口臭

口臭は内臓の疾患や便秘症などが原因で起こることもありますが、多くは口の中のトラブルが原因になっているようです。
小さな虫歯が1~2本あるからといってそれが口臭の原因になるということはありませんが、重症の虫歯が口腔内にある場合には口臭が発生することがあります。口のなかの歯の病気で歯槽膿漏が代表的で、この病気も口臭を発生させます。異常があるときには早めには病院を訪れ治療してもらうことです。

また、舌の上に付着する白色~薄い黄色の舌苔も口臭の原因になります。
口腔内には約200種類もの細菌があるといわれます。口腔内は体の中でもっとも新陳代謝の活発な場所であり死滅した菌の死骸や古くなった粘膜上皮、白血球の蛋白成分が分解され臭いの元となる口臭の臭い成分の揮発性イオウ化合物質を発生します。
虫歯や舌苔が原因で起こる口臭を防ぐには、口の中を清潔に保つ必要があります。

虫歯が原因の口臭を起こさないためには、通常の歯磨きにプラスしてデンタルフロスや歯間ブラシを使って歯と歯の間まできれいに丹念に掃除するように心がけます。

砂糖の取りすぎも虫歯になりやすくなるので、虫歯が原因となる口臭を起こさないためには砂糖の摂取量、回数にも気をつけなければいけません。

舌苔の口臭の予防に効果的なものに舌ブラシと言うものがあり、1日1回、起床時に舌の掃除を行ないます。舌についている汚れを取ることで口臭の予防効果が得られますが、1日に何回も磨いたり強く擦りすぎると舌を傷つけることがあるので注意が必要です。
a_btn099.gif

口臭の原因

口臭が起こる原因として、大きく分けて3つあります。
まずは生理的に起こる口臭で、起床直後、空腹時、緊張時は特に口臭は強まります。誰にでも起こる臭いで、唾液の分泌が減少し、細菌が増殖して起こる口臭でほとんど気になるようなものではなく、一時的に臭いがきつくなったとしても自然に治まっていくものがほとんどです。
二つめには、病気が関係している口臭で、かかっている病気の種類によって発する臭いが違うという特徴があります。
もし、病気が原因で口臭が起こっているとしたらそれぞれの病気に対応した病院で治療を受ける必要があります。
口臭を起こす病気としては、口の中の病気(虫歯、歯周病、歯肉炎など)が圧倒的に多く9割以上にもなるようです。
その他、食べたものが原因となって起こる口臭もあり、ニラやにんにく、ねぎなどの香りの強い食べ物は食べ物由来の口臭の原因の代表的なものでしょう。
また、アルコールやタバコ、コーヒーなどの嗜好品も口臭を起こします。
食べ物に由来する口臭は、歯磨きをしても臭いがなかなか消えにくいという特徴があります。
その理由としては、体内に取り込まれた臭いの元が、胃で消化されたあとに血液や肺からの呼気として吐き出されることが原因だと言われています。しかし、時間の経過とともに臭いはなくなります。

いろいろな原因で起こる口臭ですが、歯磨きをして口腔内を清潔に保つことが一番で、防ぐことのできる口臭もあるのでいつもお口の中は清潔にしておきたいです。
a_btn099.gif

口臭とは

口臭とは、口から発せられる臭いのことで、口の中に住んでいる微生物が作り出すガスと、肺からの呼気を含んだガスが混ざり口から出される物が口臭の正体です。
口臭の中でも、生理的な口臭は特別なものではなく、誰しもが持っているものです。
通常、生理的な口臭の場合は特に気になるものではありませんが、体調不良やストレス、食べ物や病気によってはひどい臭いを発することもあるようです。
生理的な口臭の代表的なものとしては、起床時の口臭、空腹時の口臭、緊張時の口臭、女性ホルモンの変化による口臭、加齢による口臭などがあります。

生理的口臭は、一時的に臭いがきつくなったとしても時間の経過と共にましになっていくものがほとんどなので、あまり気にする必要はないでしょう。
口腔内の唾液はこの口腔内を清潔に保ってくれます。しかし、その唾液も口腔内をケアせずに歯周病や虫歯のある状態では口臭を防ぎきれるものではありません。
ケアを怠れば自動的に口臭が発生することになるということになります。

人の臭覚は臭いに順応しやすく、同じ匂いにはすぐに慣れて感じなくなってしまいます。
家族はともかく、友人でもよほど親しくなければ他人の口臭を指摘してはくれません。
誰しもが持っている口臭なんですが、中には自分がひどい臭いを発しているのではないかと気にする人もいて、まめに歯を磨いたり、オーラルケア用品でケアしたり、ガムを噛んだりして口臭予防をしている人が多くおられます。
口臭を気にしすぎると人と上手くコミュニケーションを取ることができなくなる弊害もあるので、あまり気にしすぎないことも大切です。

もし、どうしても気になる場合には、歯医者などで受診してみるといいでしょう。
a_btn099.gif

«  | ホーム |  »

最新記事

カテゴリ

口臭 (5)
体臭 (3)
加齢臭 (14)
足の臭い (1)
未分類 (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。