スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加齢臭とホルモン

男性の加齢臭に重要な働きを担うのが男性ホルモンですが、この男性ホルモンは男性が男性らしく見えるために必要なホルモンで、精神的にも闘争心や攻撃性を掻き立てて、性欲を強めるなどの働きがあります。しかし、その男性ホルモンが加齢臭とも深い関連があります。

加齢臭は皮脂の分泌が活発だとより強力に臭うとされ、男性ホルモンは皮脂分泌を増強させることから、男性ホルモンが多い方はノネナールが多くなり、加齢臭もより強い傾向にある事が分かっています。

それに対して、女性のホルモンはどうかと言うと、丸みのある女性らしい体を作り、生理などに大きな影響がある女性ホルモンは、閉経によって急速に分泌量を減らしてしまい徐々にノネナールが増加してくるのが特徴です。

加齢臭と女性ホルモンですが、女性ホルモンに脂肪酸の酸化抑制力があるために、分泌量が低下する50代までは臭いがし始めることが無く、50代を超えて更年期に入ると加齢臭が始めるとされます。
年を取ると女性ホルモンは激減するのですが、男性ホルモンは減少することはあっても急激に減っていくことはありません。

加齢臭コントロールには女性ホルモンを長く分泌させられる体内環境を整えることが大切のようです。

スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

最新記事

カテゴリ

口臭 (5)
体臭 (3)
加齢臭 (14)
足の臭い (1)
未分類 (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。