スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足が臭う原因

足が臭う原因は通気性の悪い靴や靴下、ストッキングを履いているため、靴の中が蒸れて細菌が繁殖し、悪臭を放つようになるからです。臭いの源は細菌なのです。

汗をかきやすい足の裏は、まず、皮脂や角質が生じています。細菌・バクテリアにとって靴やブーツの中は、汗という水分もあり、適度な湿り気もある上に、皮脂や角質などのエサもあるので、大増殖していきます。汗自体には臭いはないのですが、細菌やバクテリアが皮脂を分解していって、とても嫌な悪臭となってしまいます。

足の臭いが気になる季節は大量に汗をかく夏になりますが、女性はロングブーツを履くために1年を通して予防や対策を行う必要があります。

特に女性が履いているストッキングは汗の吸収性が悪く、それに加えて密閉してしまうブーツと組み合わせると、普通の靴に比べても高温多湿になって、細菌の繁殖の好条件になります。

夏にサンダルやミュールを履いていても足が臭うのは、ストッキングが問題になっていますので、なるべく汗の吸収性の良い物を選ぶ必要があります。

足の臭いの原因として、汗をかくことで皮脂と雑菌が分解されて悪臭を発する物とは別に、水虫が原因となっている場合もあります。

水虫が足の臭いの原因となっている場合は治療が必要になりますので、医師の診断を受ける必要があります。

汗が原因となっている場合も、何の対策もせずに放っておくと水虫になる可能性もありますので、吸収性の良いストッキングや靴下を選び予防を行うことが大事です。

スポンサーサイト

テーマ:美容と健康 - ジャンル:心と身体

«  | ホーム |  »

最新記事

カテゴリ

口臭 (5)
体臭 (3)
加齢臭 (14)
足の臭い (1)
未分類 (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。