スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超音波で加齢臭治療

加齢臭治療として、超音波を利用した加齢臭治療が、現在最も効果があるとされています。
アポクリン腺を超音波によって処理し、汗が出るのを抑え、加齢臭対策に効きます。

加齢臭の原因にはアポクリン腺から出る汗とも関係が深く、アポクリン腺から出る汗の匂いは独特で、ワキガの原因がこの汗なのはよく知られ、汗の予防が加齢臭予防にもなるのです。

超音波治療は現在最も進んだ治療方法として使用されているわけですが、時間が短く、局所麻酔を用いて痛みが無く、血管や細胞にダメージを与えないで、アポクリン腺だけを除去して、術後の回復が断然早く、患者の負担が軽いのがメリットです。入院・通院の必要性が無い、ワキ毛を残すか残さないかを選択できる、傷跡がほとんど残らないというメリットもあります。
治療には皮膚の上から超音波を当てるだけととても簡単です。
ワキガ治療にも盛んに取り入れられており、効果の高さと安全性から人気のある治療法です。
費用はおよそ30万円前後が平均で、入院も必要なく、一回の処置で効果が出ますから、加齢臭を短期集中的に改善するのに最適な治療方法でしょう。
ただし、注意点があります。
加齢臭治療にとても有効な方法ですが、高血圧や糖尿病、妊娠中の方は不向きとされ、受ける際には医師と必ず相談してから治療を始めるようにします。また、超音波が強すぎると火傷をしたりするので、やはり、治療経験豊富は病院を選びこと、また、医師の経験や技術によっても効果に差が出るようですから、信頼できる病院を選ぶことが大切でしょう。


btn115c.gif

加齢臭予防の献立

加齢臭予防の食事では、体内に活性酸素が溜まらないように、意識して坑酸化作用のある食品を中心に献立を立てるようにするながいいですね。坑酸化作用のある食品は、ビタミンCが豊富なブロッコリー、ピーマン、トマトの野菜、ビタミンEが多いうなぎやかぼちゃ、サフラワー油、そして、ベータ・カロテンが含まれるパセリ、春菊などになります。この食品の組み合わせで、加齢臭の撃退が出来るような食事を作りましょう。

加齢臭には和食中心の食事が良いので、トマト、にんじんなどの緑と赤の野菜を使った見た目にも賑やかなサラダがいいですね。坑酸化作用の強い緑黄色野菜を好みでたっぷり盛り付け、ドレッシングはビタミンEが含まれるコーン油やごま油で作ります。味のアクセントに砕いたアーモンドを散らしたり、シソを加えて和風にしても美味しいサラダになります。

大豆も加齢臭には効果的とされますから、秋から冬にかけては、ホウレンソウや小松菜と豆腐で湯豆腐がいいですね。たれには効酸化作用では評価の高いゴマを合わせると充分です。

加齢臭対策したくても、忙しくて予防の為の食事を準備するのが難しいのであれば、オレンジ、クレープフルーツに、アセロラやイチゴなどをジュースにした物も効くようですから、普段から飲むようにすると脂質の酸化を防止してくれます。食事の前後には日本茶を飲むのも効果的です。

体の中から臭いを抑え、加齢臭の予防と対策の工夫もそんなに、苦しいものではないですよ。


btn115c.gif

加齢臭対策の食生活には和食を

加齢臭対策のために、勧められるのが和食です。近年、日本人に体臭が強い人が増えてきた理由に、常に食の西洋化が挙げられます。
食物繊維がたっぷり含まれる野菜や海草、不飽和脂肪酸が多い魚に、玄米を常食にしていた日本人は、本来なら体臭が少ないとされてきましたが、現在は食事や生活習慣の変化に伴って体臭が強まっている傾向にあり、加齢臭が出る人も増えています。
加齢臭を食生活から改善するには、和食への転換です。和食に欠かせない大豆製品(味噌や豆腐など)には抗酸化作用のある物質が多く含まれています。そして、和食には脂肪分も少なく、ダイエットにも効果的ですから、健康管理にも効果があります。

昔から食べられて来たゴマも推奨食品で、ゴマには加齢臭予防に効くビタミンEなどのビタミンが多いことで知られ、若返りも期待できる成分です。
さらに、和食は便秘解消にも良いとされ、ごぼうや大根などの根菜類、わかめ、玄米は豊富な食物繊維が腸内の余分な老廃物を排出してくれます。そのほか、梅干や薬味(わさびや生姜など)にも効果があるようです。梅干にはすべての体臭を減らす効果があります。朝食時に一粒だけ食べる習慣を身につけてみるのはいかがですか。 薬味は食べたあと一時的にニオイが残りますが、それぞれの食品が胃液の分泌を高め、血液を浄化してくれます。それによって、結果的にはニオイを抑えてくれるのです。このように和食には活性酸素を減らす、あるいは抗酸化作用の強い食品が多々あります。
そして、植物繊維には脂肪も吸着して体外に出してくれ、臭いの元となる脂肪量が減らせます。
加齢臭対策と便秘解消を同時に行うことができるのは得策です。ただし、摂り過ぎは良くありません。
1日辺り20gほどになるように注意し、加齢臭を予防しましょう。

加齢臭に良い栄養素

加齢臭の対策には、加齢臭の原因とされる過酸化脂質を減らす必要があります。そのためにも、食生活を改善しなければなりません。
それには、食事で機能を強くするのが良い方法になるとされています。
加齢臭には特にビタミンCが強い抗酸化作用があり、加齢臭予防には欠かせない栄養素です。
美容成分として有名なビタミンCは、免疫力を上げたり、コラーゲン形成や皮膚や血管の弾力保持、病後の回復力アップに役立ちます。ビタミンEは若返りの栄養素として知られ、加齢臭対策の他にも老化防止として有効です。

またほかにも、加齢臭にはポリフェノールやベータカロチン、カテキン、イソフラボン、セサミノールなどが抗酸化作用のある栄養素とされています。ポリフェノールは健康ブームで一気に知名度が増した成分であり、ワインなどに含まれるポリフェノールは坑酸化作用に優れていて、活性酸素を取り除いて悪玉コレステロール除去にもとても良いです。
ブルーベリーの多いアントシアニン、お茶の渋みであるカテキンもポリフェノールの一種であり、体脂肪燃焼効果もあってダイエットにも効きます。
加齢臭にはトマトに含まれるリコピンも効果的で、ガンにも有効性があるとして評価が高い成分です。
心臓や高血圧にも良く、更に老化防止にも良いとされ、食べたほうが良い食材です。

和食が動物性脂肪が少ないため、加齢臭予防に適した食事として知られていますが、わさびやしょうがといった香辛料にも抗酸化作用があるので、肉料理などにもどんどん活用することです。加齢臭予防だといって、肉料理をボイコットすることでもありません。
加齢臭対策として、食事から坑酸化力を強めてみる料理の工夫が必要です。

加齢臭予防グッズ

現在では体臭予防のための改善対策やサプリメントや石鹸など様々な、加齢臭予防グッズは,その種類もとてもたくさんあり、入浴時に使うものから、防臭加工された服に寝具まで、様々な物が販売されています。
臭いを防いで気持ち良く過ごす為に、どのような対策グッズがあるのか調べてみると良いでしょう。
加齢臭対策には、先ずはシャンプーやせっけんなどで体の臭いを落とします。特に加齢臭を抑えるにはミョウバンが効果が高いと言われており、ミョウバンを配合した石鹸がおすすめです。加齢臭を取る柿渋入浴剤もあるので、湯船に入れると効果があるようです。次に皮膚を清潔に保ち、体臭の元となる雑菌の繁殖を防ぐクリーム、ローション、スプレーなどの消臭剤や、制汗剤などで臭い対策が考えられます。
そして体が清潔になったら、身に着けるものにも気を配りたいものです。
加齢臭対策の下着などもあります。体から出るにおい成分を短時間で分解してしまう繊維を使った下着などです。銀イオンを利用して臭いを抑える機能を持つ布地で出来た服を着るのは良い方法で、靴下やアンダーウエアにワイシャツ、ジャケット、スポーツウエアなど、アイテムも充実しています。

長時間過ごすベッドや布団にも注意しましょう。
加齢臭が染み付かないように、加齢臭対策が施されたシーツや枕カバー、または、介護用寝具も高い防臭性があるのでおすすめです。
そして、洗濯時にも臭いをしっかり取ってくれる洗剤が効果的です。
他にも体の中から臭いを取るサプリメントや漢方薬、加齢臭専用に作られた香水などがあり、人気となっているようです。
どれも加齢臭に高い効果があるので、自分で行いやすい方法を選んでみましょう。

«  | ホーム |  »

最新記事

カテゴリ

口臭 (5)
体臭 (3)
加齢臭 (14)
足の臭い (1)
未分類 (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。